就労事業所
avec blog

就労支援事業所的「成長」ってなに?

  • 2021年01月08日

昨年末に「成長」というキーワードで約1週間、ワークを行いました。
赤ちゃんがすくすく育つ成長とは異なり、障がいを有し、就労していくために、どのような成長がいるのだろうかと。
障がいも年齢も育った環境も違う、それぞれの価値観を大切にしながら自分にとっての必要と思われる「成長」について考えてみました。

1日目:業務における「成長」ってなに?

就労を目指す企業は生産性を上げて、存続していくことが必須です。
そのためには効率を上げる事や、生産量を増やす事などが求められます。
そのため、障がい者雇用であってもなくても「成長」は求められることになります。
では、簡単にどのようなことを「成長」というのかを共有しました。

 

①与えられた業務を出来るようになること。
②業務が①の状態より上手く出来るようになること。
③業務を取り巻く流れや、状況を見て工夫して行うことが出来るようになること。
④業務の効率が上がり、量や数、質が向上していくこと。
⑤業務そのものを理解することで、他者に説明し指示することが出来るようになること。

アルバイトでも、正社員でも概ねこのような「成長」が考えられるのではないでしょうか。
①~⑤に成長するためにポジティブな要因と、ネガティブな要因について思うことを
報告してもらいました。

「成長」へのポジティブ要因とは?

ポジティブな要因としては、「とにかく手を付けてみる」こと。

あれこれ迷ったり、悩んだりして立ち止まってしまう事がありますが、そんな時こそ目の前の仕事に手を付けてみる。しているうちに没頭したり、慣れてきたりする中から得ることがあるかもしれない。頼まれるということは出来るということと思って素直に取り組むことが大切だと考える、との報告もありました。

 

他には、「仕事に面白さを見つける」こと。
何も考えずに仕事をするよりも業務を効率よくするには?とかを考えて無駄を省けたときなどに喜びを感じた事がありました、という体験談も出ました。ただ作業するだけじゃなく、いかに丁寧にできるか、いかに数をこなすかなど自分なりのプチルールを設定する事も面白さを見つけるうちの一つだと思う、という報告もありました。
また、「上手に人に頼る」ことや、「人のサポートをする」ことなど人との関わりの中から
「成長」を報告してくれた方もおられました。

「成長」を妨げると思われるネガティブな要因とは?

最も多かったのは「自分に自信がない」ことでした。この難しい要因に対して、出来ることや、苦手なこと、得意なことなどを整理して、できる事や得意なことを時々確認して自信のなさを補っています、と日々心がけている方法の報告もありました。

 

次に多かったのは「周りと比べてしまう」ことでした。
周りの人の能力に対して自分は才能がないように感じる方、人と比べると自分のペースが乱されてしまう方、負けず嫌いから、つい人と比べてしまう方、などの報告がありました。

 

「周りと比べてしまうため」に褒められてもその一瞬は自信がつくが根本からの自信につながらないという方も。この方はさらにこう続きます。もちろん、自分より優れている人を見て目標にすれば自分の成長に繋がると思うし、向上心という所で言えばメリットはありますが、自信がない方が勝ってしまうと、「自分には無理だ」とやる気がなくなってしまいます。すごく成長を妨げている要因だと思います。周りと比べてもいい事はなく、自分のレベルを考えて、自分なりの目標を立てて「成長」していく!ということが大切だなと、改めて思いました。と、素晴らしい自己分析までしてくださった方もおられました。

 

上を見ても下を見てもキリがない、と自覚していますと報告された方は過去に教わったアドバイスを大切にされているそうです。「周りとではなく、過去の自分と比べ(て、できるようになったと感じ)ること」とても的を射たアドバイスで納得です。

 

他にも「オン・オフの切り替え」や「他人の意見を真に受けてしまう」ことの要因も挙がりました。「他人の意見を真に受けてしまう」については、一人ではなく、複数人の意見を聞くようにしたり、自分の考えをあらかじめ書き留めておくことで対処しているとの報告もありました。

知ること、行うことが「成長」のヒント

1日目どのような報告があるかなと思っていましたが、とても真剣に考えて回答されていて感慨深いものがありました。
ポジティブな要因は分かっていても、実行はなかなか難しく、そうしたほうがいいと思っていても行動に繋がりにくいものです。しかし、このことを考えとして持っているかいないかは大きな違いだと考えます。

 

同じくネガティブな要因も、対処法を持っているかいないかでは「成長」に大いに関係することと思われます。今回の記事を通して知らなかったことが知っていることになったことで
「成長」のヒントになった方がいれば幸いに思います。

 

就労支援事業所アヴェクでは、クリエイティブな技術を活かした生産活動や、データ入力やスキャナー作業などの事務系の業務、日々のワークで社会を知り、自己研鑽をしたりしています。業務の選択肢があるのもアヴェクの特徴かもしれません。
これらを活用し、「成長」のための要因とどのように折り合っていくかのトレーニングの場でもあります。ご利用者の方も、支援員も、就労支援事業所アヴェクも「成長」していく姿が想像できました。就労支援事業所的「成長」1日目でした。

アヴェクは、あなたに寄り添い、心のこもったサポートを行う就労支援事業所です。
アヴェクでは、スキルアップ講習やレクリエーション等、様々なイベントで、
就労支援を行っています。