アクセシビリティについて

株式会社アヴェクの運営するサイト(以下「当サイト」といいます)は、より多くのお客様に快適に
当サイトをご利用いただけるようアクセシビリティの向上に努めてまいります。
アクセシビリティとは、高齢者や障害者、および一時的に障害のある人等を含めて
全てのユーザーが同じように情報やサービスを利用できることを表す言葉です。

アクセシビリティに関する世間の動向を見てみると、
アメリカで2001年に法律が施行された他、世界各国で法制化・規格化が推し進められています。
日本においても、2004年にウェブアクセシビリティに関する日本工業規格(JIS)が制定されたことにより、
アクセシビリティに対する取り組みへの注目度は急速に高まってきました。

当サイトは、アクセシビリティを確保するため下記のような項目に配慮し、
誰にとっても使いやすく、わかりやすいウェブサイトの構築・運営に努めています。



画像の代替テキスト

重要な意味を持つ画像には、必ず代替となるテキスト情報を入れています。
これにより、音声ブラウザに代表される非グラフィカルブラウザを使用していても、
コンテンツの内容をユーザーへと伝えることが可能となります。



表の見出し

表には見出しタグやキャプション(題目)を記述しています。
行や列の項目名を表すセルに見出しタグを記述することによって、
どのような順序で情報が記載されているのかが明らかになります。
また、キャプション(題目)を記述することによって、
記載されている表が何を表しているのかが明確になります。



リンク先の明示

リンクテキスト(リンクボタン)にはリンク先を明確に表したテキストを
記述するようにしています。
音声ブラウザ等ではリンク先を抽出する機能が搭載されているものもあり、
その際にどこへのリンクなのか確実に伝わるようにしなければなりません。
例えば“詳細はこちら”とした場合、リンクテキストのみが抽出されると、
何についての詳細なのかわからないといったことがおきてしまいます。



フレーム

フレームは利用せず、音声ブラウザやフレーム未対応のブラウザでも
情報が確実に伝わるようにしています。
(音声ブラウザでは、フレームの構成を確認しにくく、それぞれのフレームが
どのように関連しているのか理解しにくいため、
視覚障害者が利用する上での問題点となっているからです。)



表を利用しないレイアウト

表を利用したレイアウトは行っていません。
音声ブラウザは規則に従ってセルを読み上げていきますが、
表を利用したレイアウトをすると、正しい順序で読み上げられない可能性があるためです。
当サイトでは表を利用したレイアウトは行わず、正しい順序で情報が伝わるよう記述しています。



ちらつき・点滅

ちらつき・点滅・文字が流れるといったコンテンツは利用していません。
これはちらつきや点滅といったコンテンツがてんかん等の発作の原因になったり、
文字が流れるコンテンツが自分のペースで情報を取得できない等の問題をひきおこすためです。
当サイトでは、強調したい部分は文字の大きさや太さ等で表現しています。

この他、アクセシビリティに配慮している項目は下記の通りです。

動画/文章/構造/言語
入力フォーム/ポップアップ
ナビゲーション
JavaScript・Flash・PDF など